あなたは自分だけのオリジナル生地を作ることができるウェブサイト、「リアルファブリック」をご存知でしょうか。

こちらのサイトでは50cm(790円)から生地にオリジナルのプリントを施すことができるらしく、自分で描いたイラストはもちろん、写真にも対応可能。デザインした生地はなんと販売することもできるのだそうで、他の人がデザインした生地も購入できるのだとか。

“自分でデザインしたい派” はもちろん、 “他では買えない布が欲しい派” の人にも、需要がありそう~~~!

【可愛い柄がありすぎる!】

ウェブサイトや公式インスタグラムにアクセスすると人気のデザインやおススメのデザインなどたくさんの生地見本が並んでおりまして、動物柄に花柄、星柄。さらには雨に葉っぱにスイカにハンバーガーと、バラエティー豊かなラインナップとなっています。

Instagram Photo

自分でデザインしなくとも、誰かが作った生地をただ眺めているだけでワクワク楽しい気分になってくるのは、きっとわたしだけじゃないはず。「この布地で何を作ろうか」と考える時間は、至福でしかありません。

Instagram Photo

【注文の手順は超簡単】

一方で “自分でデザインしたい派” のみなさんにとっても、願ったり叶ったりであろうこちらのサービス。

デザインの手順は簡単で、イメージファイルをアップロードして生地を選択、欲しい量を入力するだけ! 支払いをした後は出来上がった生地が届くのを待てばいいわけで、ラクチンすぎて、調子の乗ってじゃんじゃん注文してしまいそうです~。

Instagram Photo

【ツイッターでも話題です】

「リアルファブリック」はツイッターでも大いに話題となっておりまして、

「これいいですね。ムスメが描いた絵を使って何か作ってあげたいです」
「欲しい柄の幅とか無くて、早速コスプレで無い布を注文したいと思います!」
「ガンガン洗濯できるし、めちゃ発色いいし、ツイルでm1700円行かんぐらいなのでまだ個人でも手が出せる」

といった具合に大人気。最後の方のコメントのような利用者の声を聞くと、ますますトライしてみたくなっちゃいますよねぇ!

【わたしは「誰かのデザインを買う」専門だな…】

わたしはあまり絵心がないけど、もし好きな作家さんがオリジナル生地を販売してくれたら、購入したい! と思いました。

ちなみにデザインが著作権に違反した場合は注文がキャンセルされることがあるそうなので、この点くれぐれもお気をつけくださいね。

参照元:リアルファブリックInstagram @realfabric.jpTwitterTwitter検索 リアルファブリック
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事