太めヒールの靴がいま人気ですよね〜! “チャンキーヒール”と呼ばれていて、ブーツやパンプスなどいろんなタイプの「チャンキーヒール」が今年は多く出回っているみたい。

その中でもSNSを中心に話題になっているのが、ユニクロの「チャンキーヒールパンプス」。この値段でこの履き心地はすごい! と絶賛されているのを見てるうちに、めちゃくちゃ気になってきた〜!

というわけで、実際に購入して履いてみましたよ☆

【チャンキーヒールパンプスとは】

ユニクロ「チャンキーヒールパンプス」は、シャープなつま先で大人っぽさもありつつ、太めヒールで今どき感たっぷりのアイテム。お値段は2990円(税別)です。

黒、オレンジ、ベージュ、ネイビーの4色展開なのですが、かなりの人気でウェブストアでは売り切れのカラーも。今回、私は秋らしいオレンジを購入してみることにしました。

【想像以上に高見えするかも!】

商品が到着し、いざ開封。サイトの写真と変わらない、鮮やかなオレンジ色のパンプスとご対面です。


しっかりしたヒール、なめらかなフェイクスエード、ステッチの見えないていねいな縫製。これはたしかにお値段以上!


中敷きは立体的なつくりになっていて、足のアーチに沿うようなデザイン。クッションもふかふかで、歩きやすそうです。

あわせる服によっては、かなり高見えするんじゃないかな!

【サイズ選びには注意が必要だよ】

さて、ネットで靴を買うときに心配なのがサイズ感です。レビューを見てみると、歩きやすさやフェイクスエードの質感などへの高評価が集まる中、ちらほら「大きめ」との声が。でも大きい分にはあとから調整できるし……と、いつものパンプスと同じサイズを購入したのですが。

実際に室内で試し履きしてみたところ……これは、大きいですね。素足、タイツ、靴下と試してみましたが、素足とタイツはかかとがカポカポしそう。

ゆとりがある作りの分、甲の部分やつま先まわりは快適なのですが、思いのほかかかとが余りました。


参考までに私の足タイプを説明すると、サイズだけなら23.5cmなのですが、形は典型的な幅広・甲高。高さのあるパンプスだと、甲まわりの圧迫感が気になります。また、親指の爪が反り気味でつま先が当たりやすいこともあり、パンプスなど細身の靴では、いつもワンサイズ大きめの24cmを購入しています。

それで今回も24cmを購入したのですが、履いているうちに足になじむことを考えたら、これはやはりジャストサイズを買うべきだったかも。

【外も歩いてみた】

とりあえず、厚めの靴下で外を歩いてみました。

ヒールでありがちなかかとの不安定感がなく、歩きやすい。というか走れそう!クッションの当たりもやわらかで、心配していた甲の圧迫感や痛みも、30分程度の外歩きでは感じませんでした。

しかし上機嫌だったのもつかの間……ちょいちょい、脱げる。かかとからスポッ! と脱げてしまう……。こけたり、つまづいたりするほどではありませんが、ちゃんと対策しないと靴ずれしそう。


いや、でもこれは靴のせいというより、完全にサイズ選びをミスった結果かな〜。ウェブストアで購入する場合、サイズ感はやはりレビューを信用するのが正解かも。

店頭で購入する場合も、試し履きをしてちょっと歩いてみたほうがいいかもしれません。

【色チ買いしたい!】

トータルでは、こちらのパンプスかなり気に入りました! 通勤用の疲れにくいパンプスや、秋服に合わせる靴を探している人にもオススメしたいです。

オレンジも可愛いけど、シーンを選ばない黒も欲しいな〜なんて、思わず色違いでほしくなっちゃう。話題になるのも納得の、すぐれものパンプスでございました☆

参照元:ユニクロ
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事