気がつけば、もうすぐ夏休み。そして夏休みといえば、旅行シーズンでもあるわけです。

もしもあなたが南九州への旅行を考えているならば、鹿児島・湧水町にある「鹿児島県霧島アートの森」へ立ち寄ることを、強くおススメしたい……!

栗野岳麓の標高約700メートルの高原に位置するこちらの美術館では、2018年7月6日から9月2日までの期間に「井上涼展 夏休み!オバケびじゅチュ館」を開催しているんです。

【井上さんといえば『びじゅチューン!』だよね】

井上涼さんは、作詞・作曲・アニメ制作を1人でこなす多才な方。その名を知らなくとも、NHK Eテレで毎週水曜午後7時50分から放送中の番組『びじゅチューン!』はご存知のかたも多いのでは。

【『びじゅチューン』に出てきた作品も並びます】

展覧会には、そんな井上さんの作品が約30点集結。

『びじゅチューン!』の作品はもちろん、その制作プロセスも紹介してくれるほか、井上さん個人の作品も展示。映像・平面・立体・インスタレーションと多岐に渡る展示物の中には、今展覧会のために制作した新作もあるのだとか……!

【新作には「マチルダ先輩」が登場するよ】

新作のタイトルは、『忍者とおばけ美術館』

巨大な展示空間いっぱいに井上さんのアニメーションが映し出されるらしく、登場するのは井上作品ファンにはおなじみのキャラクター「忍者B」「忍者C」、そして「マチルダ先輩」

忍者とマチルダ先輩が登場する作品はシリーズ化しておりまして、おそらく多くの人がもっとも気になっているであろうマチルダ先輩の正体は、ピノキオのようなもの。ウソをつくと鼻が伸びる “しがないOL” というキャラクターなんです。

【ワークショップも企画されているんだって!】

社会人として働くうえで生まれる辛くウツウツとした気持ちを慰めてパッと晴らしてくれる、それがマチルダ先輩という存在。詳しくは井上さんのホームぺージで知ることができますので、新作を見る前に確認してみるといいかもしれません。

7月と8月にはワークショップや井上さんによるトーク・パフォーマンスがあったりと、お楽しみが盛りだくさんの展覧会♪ 可愛くっておかしくって1度観たらクセになる井上さんの世界に、足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース井上涼オフィシャルサイト
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事