今年2018年春に一大ブームを巻き起こしたドラマ、『おっさんずラブ』。ドラマが終了したのは6月だというのに、未だその熱が冷める気配はありません。

今回注目したのは、全7話の脚本を収録したシナリオブック

このシナリオブックは、10月4日に発売されたばかりで、なんと初版9万部(!)。翌5日にはDVDとBlu-rayが発売され「祭りはまだ終わっていないお!」という部長(吉田鋼太郎さん)の声が聞こえてきそう……。

【正座で朗読したくなります】

オンエアでカット、もしくは変更になったセリフなどもそのまま掲載されているそうで、ドラマ本編と見比べるときっと楽しさ倍増。内容の一部が公開されていたのでさっそくチェックしてみたのですが……。

部長と牧くん(林遣都さん)がはるたん(田中圭さん)をめぐって取っ組み合いのケンカを繰り広げる、伝説の「俺のためにケンカするのやめてくださぁぁぁぁい!」シーンが取り上げられていて、忘れかけていた興奮が蘇るううう!!!!!

はるたんのセリフが「!」だけだったり、「うぉぉぉい!」と全力でツッコむシーンが台本そのまんまだったりと新たな発見も目白押しで、正座して朗読したい気分に駆られます。もちろん、役によって声色を変えて……!

【妄想活動が捗るよ】

それにしても “文字だけ” というのは妄想力を刺激するもので、自分の中に新たなる『おっさんずラブ』ワールドを構築するといった、高度な技を繰り出すことも可能。

元のキャストも魅力的ですし、あの配役あってこそのドラマということはわかっているのですが、新たな配役を当てはめて遊んでみるのも楽しいのではないでしょうか。たとえば、自分にとっての “推しカップル” とか……ね♡

 

【『おっさんずラブ』ごっこが思う存分できます】

ってな具合に、読み込めば読み込むほど、脳内が活性化されること必至。こういった楽しみ方ができるのも、映像がないシナリオブックならではといえましょう。

妄想活動もさることながら、家で気軽に『おっさんずラブ』ごっこもできちゃうシナリオブックは必見です。

また脚本とドラマ本編を見比べると、演技の熱量によってセリフに命が吹き込まれていることを実感できますので、そういった意味でもファンは必読ですよぉ!

参照元:プレスリリースTwitter @ossans_loveInstagram @ossansloveYouTube
(c)Koji Tokuo (c)tv asahi
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

おすすめの記事