「EOS RP」発表会見より

キヤノンは2月14日の記者会見で、フルサイズセンサーを搭載したミラーレスデジタルカメラの新モデル「EOS RP」を3月中旬より発売すると発表した

センサーサイズが35mmフィルムと同じ「フルサイズ」のEOSのデジタルカメラでは「EOS R」に次ぐ第2弾。バッテリー・メモリーカードを入れても重量は約485グラムと軽量ボディーとなった。

SONYのフルサイズミラーレスの初代「α7」の約474グラム(バッテリーとメモリースティックを含む)に匹敵する軽さだ。

RFマウントを採用し、価格はオープンプライス。直販サイトでの予定価格は、ボディ単体が16万500円。単焦点の「RF35 MACRO IS STM」レンズキットが21万9500円となる。

会見でキヤノンの戸倉剛執行役員は「このカメラでフルサイズカメラマーケットを一気に拡大したいと考えています」と抱負を語った。

EOS RPの発表会見で話すキヤノンの戸倉剛執行役員

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事