中間選挙を控えるアメリカで、高齢者たちが「若者の皆さん、投票しないで」と呼びかける広告が話題だ。

「全てが、うまくいっています。トランプ...それは私たちでした」
「富裕層への減税? 大賛成! 私はめちゃくちゃ金持ちだ」
「気候変動? それは、あなたたち若者の問題です。私はすぐに死にますし」

トランプ大統領の支持者と言われている白人の俳優たちが、画面をみている人に向かって、こんな皮肉を言う。

高齢者の俳優たちは「若者は決して投票しない」と嘲笑。「しかし、私は投票する。私はする」と、繰り返される。そして動画は、「クソだと思ったら、投票を」と呼びかける内容で締めくくられる。

広告を作成したのは、「アクロニム」というインターネット上で人々にアクションを促す団体。米中間選挙で投票を呼びかける「ノック・ザ・ボート(投票をやっつけろ)」運動の一環として、9月24日にYouTubeに動画を投稿した。

「ノック・ザ・ボート」運動のロゴは、トランプ大統領を模したとみられる人物にパンチするデザインだ。9月23日に同団体が投稿した動画には、「11月、私たちには、私たちの価値観のために戦わない指導者をノックアウトする力があります。私たちの番です」とのコメントが添えられていた

ワシントン・ポストの調査によると、2014年の中間選挙での若い世代の投票率は、高齢者の投票率に比べて大幅に小さかった。広告は高齢者からの皮肉を使って、若者の投票率アップを狙っているようだ。(なお、2018年の中間選挙では「必ず投票に行く」に回答した人が、大幅に増えている)

■皮肉屋偏見を利用する広告だが...

アクロニムは今回のキャンペーンで、冒頭の動画以外にも、皮肉や人種への偏見を取り入れた動画広告を複数制作している。

米公共ラジオ局「NPR」によると、アクロニムの共同設立者兼CEOのタラ・マッコワン氏は、ネットに投稿されたリアルな差別動画を笑ってはいけないとの考えを示している。マッコワン氏は人を怒らせる内容のフィクション動画をつくることで、「自分がどのような国で暮らしたいのかや、どのような国にしていきたいのかを決めるのに有効だと思う」などと述べた。


Source: HuffPost Japan
EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事