茨城県のPR活動を担当する県庁幹部が「水戸はダメだな。死ね!」と、県庁所在地を罵倒する投稿をFacebookにしていたことが分かった。

この投稿をしたのは、営業戦略部の堀江英夫部長(57)。1月5日夜、本人のFacebookに「水戸はダメだな。死ね!」という一文を投稿した。

営業戦略部の担当者は11日、ハフポスト日本版の取材に対して「堀江部長は酒に酔っていて覚えていないそうですが、反省しています」と説明した。当日は友人と酒を飲んでいたという。この投稿は友達限定公開だったが、約700人が閲覧可能だった。投稿の数時間後に削除したとみられている。

 

■「県の『良いもの』を多くの人に知ってもらいたい」と語っていたが...

2017年ブランド総合研究所が発表した「都道府県魅力度ランキング」で、茨城県は5年連続最下位だった。これを受けて、2018年4月に大井川和彦知事の肝いりで新設されたのが、営業戦略部だった。観光資源や農産物のブランド化から企業誘致、県産品の輸出など、茨城県のPR活動を一手に引き受けていた。

初代部長に就任当時、堀江氏は「県の『良いもの』を多くの人に知ってもらいたい」と産経新聞にコメントし、意欲を見せていた。

しかし、2018年10月の「都道府県魅力度ランキング」でも、茨城県は6年年連続最下位となった。毎日新聞に対して、大井川知事は「施策は4月に本格始動したばかりだ。順位に一喜一憂せず、魅力を増やす施策を続けていく」と話していた。

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事