写真はイメージです。

気象庁は1月12日、東京の都心で初雪を観測したと発表した。NHKニュースが報じた。

東京都心の初雪は、平年より9日遅く、昨シーズンと比べると12日遅いという。

■「初雪」って?

気象庁は、初雪の定義を「寒候年(前年8月から当年7月まで)に初めて降る雪(みぞれを含む)です」と定めている。

みぞれとは「雨と雪が混じったもの」。

■「平年」とは?

気象庁によると、東京で天気の観測を始めたのは1875年。

東京の初雪の観測では、気象庁は、1981年から2010年までの観測の平均をとって、「平年」としている(2018年4月更新時点)。

平年の初雪は「1月3日」となっている。

1981年から2019年の間で一番早かった初雪観測は、16年〜17年シーズンの「11月24日」。11月に東京で初雪が観測されるのは、1962年以来54年ぶりのこととして当時話題になった。

同期間で一番遅い初雪は、06年〜07年シーズンの「3月16日」。この時期は、雪が足りずに営業停止するスキー場が相次ぐほどの「暖冬」だった。

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事